Google、大手ブランドのニュースサイトが小規模な専門出版社より上位にランクされる場合を調査

Google が大手ブランドのニュースサイトが小規模な専門出版社より上位にランクされる場合を調査、メンテナンスホスティングセキュリティとWordpress開発について。

ここ2週間ほど、SEOや出版の世界から、最近のいくつかのアップデート以来、Googleが、よりよく分かっているであろう小規模で専門性の高い出版社よりも、大手出版ブランドをはるかに上位に位置づけているという不満を聞いています。

実際、現在進行中の大きなスレッドでは ウェブマスターワールド は、最近、この件に関する苦情が多く、Twitter上でも苦情が寄せられています。ご存知のように、SEO業者やサイトオーナーは、大きなブランドが自分たち(小さなブランド)より上位にランクインしすぎることに常に不満を抱いています。しかし、この苦情は、例えば、ニューヨークタイムズのドメインが専門家でない可能性のあるトピックでランク付けされ、そのコンテンツが専門性の欠如を示す可能性がある場合に特有のものです。

誤解を恐れずに言えば、これらの出版社のドメインは重みがある(DAではない)のですが、Googleは、大きな出版社より力のないドメインでも、小さなニッチ出版社を輝かせる、かなり良い仕事をしたのだと思います。また、このコンテンツの中には、本当に悪いアフィリエイトリンクで埋め尽くされているものがあり、Googleが検索者に提供したい最高の体験とは言えません。

フォーラムでStupidIntelligentは、「ニッチな分野のニュースサイトを作ろう」と書いています。1日30~40本の記事を掲載する。何百万ものシグナルを取得し、それを通じてビジネスを促進する。今の制度はそれしかない。小規模なウェブサイトオーナーや企業にはチャンスはありません。まともなオーガニックトラフィックは、それぞれのニッチな分野でニュースサイトを運営している人たちからだけです。"

このツイートは、その問題点を浮き彫りにした。

それに対して、グーグルのジョン・ミューラーはこう答えた。

しかし、少し後にGoogleのDanny Sullivan氏が介入し、"より広く、書いていないコンテンツをホストしているサイトやスポンサーコンテンツが絡んでいるサイトにはアドバイスを与えており、サイトはそれを考えるべきだ "という理由で、この例をパスすることにしたそうです。

ここでダニーが言っているのは、ドメインレンタル指令のことだと思うのですが、間違っているかもしれません。

そこで、Twitterでさらに多くの事例を提供してもらい、これ ツイッタースレッド には、実際に使用されている例がたくさん掲載されています。以下、いくつかの例を紹介しますが、詳しくはTwitterのスレッドを閲覧するのが一番です(Googleの場合)。

より多くの不満。

この情報を共有する理由は、Googleが調査したい可能性のある検索品質の問題を強調するためです。

検索業界の多くの出版物が、トラフィックをどんどん減らしているようですが、その行方は興味深いものです。そして信じて欲しいのは、私はトラフィックなんてどうでもいいということです。個人的には、私のために書いているわけではありません。

来週、ダニーがCommunity News Summitをやるので、質問したい人はどうぞ。

に関するディスカッションフォーラム ツイッター.